残り2か月、ラストスパートです

7月2,3日に アクトシティ浜松コングレスセンターにて

「第35回静岡県作業療法学会」の開催が予定されています。
当院3階病棟からは2名が演題を発表する予定です。

去年の11月から抄録の作成を開始し、

最近は発表の資料作りや原稿のラストスパートに入っています。

抄録作成を通じて、実施したリハビリテーションの振り返りをすることができ、

患者さんが退院してしまった後になってしまいますが、今後の課題なども見つけられています。

私は学会での演題発表は初めてですが、指導を受けながら質の高い発表となるよう

がんばっています。
 
コロナ禍であり、現地開催となるかWeb開催となるのか、参加形態が未定になっていますが

他病院の療法士の発表や質疑応答を通して自己の知識、視野の拡大に繋げる良い機会としていきます。

今年の学会も参加を生かして、リハビリの質向上を目指し、他職種・リハ内に発信していけるよう、

これからも自己研鑽に励んでいきます!

ゴールデンウイークのおしらせ

2022.4.28 日々の出来事
いつも病院ブログをご愛読いただき誠にありがとうございます。

間もなくゴールデンウィークが始まりますね!

2022年のゴールデンウィークは4月29日(金)昭和の日がスタートです。

長くて10連休なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
TVでは「緊急事態宣言・まん延防止が発令されていないのは3年ぶり」なんて

いっていましたが、一方で天候があまりよくない様子ですね。

また教育分野では、学級閉鎖・学年閉鎖等耳にすることもあります。

少し羽を伸ばしたい気持ちもありますが、体調管理・感染対策には

くれぐれもご注意ください。
さて、当院ではカレンダー通り診療を行っております。また入院患者さんにつきましては

ゴールデンウィーク中でもリハビリ・療養を行ってまいります。

当院の取り組みとして面会制限は継続中です。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
ゴールデンウィーク期間中の当院の休診日は下記をご覧ください。

[休診カレンダー]

 

技術、心、重ねて


私は野球観戦が趣味なのですが、今月14日に

ロッテの佐々木朗希投手が日本プロ野球において実に28年ぶりとなる

完全試合を達成しました。


完全試合とは相手チームの打者を一度も出塁させずに勝利することを

言いますが、日本プロ野球では過去15回、140年近い歴史のある野球の本場、

メジャーリーグでも23回しか達成されていない大記録です。

前回の完全試合は巨人の槇原寛己投手が達成しており、

当時私は小学生でしたが、記憶に残っています。

現代の野球、特に投手については先発、長継ぎ、抑えと役割が分かれており、

分業が進んでいます。

大谷翔平選手のような先発投手と外野手の二刀流をこなす規格外の選手もいますが、

一般的に分業の方が専門性が高まり業務の習熟度が高まるといわれています。

医療業界も同様に様々な職種がチームにて治療にあたっています。

リハビリテーション技術部でも4月より新入職員を迎えましたが、

既存の職員も心を新たにそれぞれの専門性を高め、よりよい医療を提供できるよう、

日々研鑽を積んでいきたいと思います。
 

新年度を迎えて

新型コロナウイルスは依然として影響を及ぼしています。

まん延防止措置は全面解除となりましたが、

新型コロナウイルスが消えてしまったわけではないので、引き続き感染防止策は必要となっています。

東日本では、11年前の大震災の余震がいまだに続いており、影響が大きいです。

世界情勢では東欧の事象による社会的影響は余談を許さない状況です。

暗いニュースが続くと持ちもトーンダウンしてしまいます。
 
さて、ヘルスケアホスピタルは新年度4月から新たに24名のスタッフを迎えることができました。

フレッシュな気持ちで就職される新人さんに負けないよう、二十数年前のあの頃の気持ちを思いだして、

気持ちは前向き、体力はそこそこで目標に向かって体当たりで挑んでいきたいと思います。

また、コロナ、東欧、地震などいずれも好転することを願っています。

新人振り返り研修がおこなわれました

新入職員が入職し1年が経とうとしています。

先日、院内で新人研修が行われたので、紹介させて頂きます!

リハビリや看護師等多職種がそれぞれグループに分かれて今年度の反省と学んだこと、

来年度の目標を話し合い、発表をしました。
1年を通して、各職種が協力し連携しながら

患者様にリハビリを提供していくことの重要性を学びました。

4月から新たに職員が入職します。

自分が教えてもらったこと、学んだことを伝えていきたいです。

また、学会発表等を経験し、療法士として質を高めていきたいと思っています。
資料請求はこちら
このページの先頭へ