脊椎外来

脊椎外来について

はじめに

脊椎疾患は加齢に伴う病変が多数を占めるため、高齢化に伴い年々増加傾向にあります。一方医学の進歩も目覚ましく、様々な治療がより安全にかつ患者様に負担の少ない形で提供できるようになってきました。当院では、患者様への負担が少なく有効な治療を提供することをモットーとし日々臨床に励んできました。その一環として内視鏡・顕微鏡を駆使した脊椎外科専門の外来を一緒に立ち上げることなりました。
ご来院を心からお待ちしております。
 

対象疾患

他の施設と同様にせぼね(脊椎・脊髄)の病気すべてが対象になります。症状としましては、腰背部痛、頸部痛、上下肢脱力、歩行障害、手足の痛み、しびれが主な症状となります。疾患としましては、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性腰椎症、靭帯骨化症、脊椎脊髄腫瘍等です。当外来の特徴としては、以下のとおりです。
 
体への侵襲を少なくし、かつ正確・安全に手術を施行するため、神経のモニタリングをしながら、可能な限り脊椎内視鏡又は手術顕微鏡下に手術を行います。
幅広い年齢層を対象とし、早期の社会復帰をめざします。
近年の麻酔の進歩、術中神経モニタリングの使用も加わり、以前は手術の対象にならなかった高齢者の患者様の安全な手術も可能となっております。また仕事が忙しく、十分な時間も取れない患者様に対しても、従来の手術と比べると格段に術後疼痛が少なく、在院日数の短縮が可能になりました。

脊椎内視鏡又は手術顕微鏡下 手術の実際

内視鏡下手術

内視鏡の画像を見ながらの手術になります。

顕微鏡下手術

顕微鏡にて直接拡大された術野を見ながらの手術になります。

術中筋・神経モニター

筋電図、神経伝像速度を連続モニターして、術中の神経の状態を監視します。
このページの先頭へ