病院長あいさつ

2012年11月に開院し、順調に成長してきた「すずかけセントラル病院」は、急性期から回復期・そして長期療養まで、患者さんそれぞれに合わせた医療を提供する、309床のケアミックス病院です。最新の画像診断装置やピンポイント放射線治療専用機器なども完備し、高度なガン治療はもちろん、入院透析設備など長期に渡る診療にも対応できる病院として、周辺地域のみならず県内外から多くの患者さんに来院していただけるようになりました。また、予防の観点から健康診断事業にも力を入れ、早期ガンの発見など多くの成果を出しています。
既存の病院とはひと味もふた味も違う、新しい発想やアイデアをたくさん盛り込んだ新病院。地域医療の要となる病院として、優秀なスタッフが集まり、一丸となって皆さまの健康を支えていきます。
このページの先頭へ