整形外科

骨や関節、筋肉、神経など全身の運動器疾患、
特に高齢者の骨折治療、骨折予防に力を入れています。
整形外科では、一般外傷に加え、全身の運動器(骨、関節、筋肉、神経)の慢性疾患に対して的確な診断、治療を行っています。特に高齢者の骨折治療、骨折予防の面では、積極的な入院治療や、骨粗鬆症の
評価・治療に力を入れています。
捻挫やけがをした方、手足の痺れ、関節や腰痛がなかなか良くならない方、骨粗鬆症が心配な方はぜひ
受診してください。

対象疾患

  • 外傷一般…打撲、捻挫、切り傷、脱臼や骨折など
  • 手の慢性疾患…腱鞘炎、ばね指、手根管症候群など
  • 脊椎疾患…頸椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など
  • 関節疾患…肩関節周囲炎、変形性膝関節症など
  • 関節リウマチ、足の外科

診療方針・理念

患者さんを自分の身内におきかえ、歳だからと諦めずに痛みや痺れをできるだけ改善すべく努力します。
通院治療が困難な方に対しては入院しての治療、積極的なリハビリを行います。
放射線科と連携し、CT・MRIなどの画像検査も迅速に行い、正確な診断に努めます。
開業医の先生、3次救急病院とも連携し、患者さんの病状に応じて紹介も行い、患者さんが最適な治療を受けられるよう配慮します。
より良い医療を提供するため、常に院内のシステムを考査、改善していきます。

診療内容

Xp、CT、MRIによる検査で正確な診断、治療を心掛けています。症例に応じて手術治療も行います。
手術も最小侵襲を心掛けています。レントゲンのみでは診断が困難な場合は人体に比較的害が少ないとされるMRIを積極的に行い、骨折、筋、腱、靭帯の損傷、腫場、脊椎疾患、関節疾患などの発見に努めて
います。
全身麻酔が必要な場合は麻酔科医による管理の元で安全に手術を行います。
回復期リハビリ病棟を併せ持つため、充実したリハビリが行えます。
関節リウマチ、足の疾患(偏平足、平足、外反母趾、足関節症)に対しては専門医による薬物療法、
装具療法、手術療法を行っています。

診療実績

骨折手術、腱縫合術、バネ指手術、手根管開放術、肘部管開放術、大腿骨頸部骨折手術、
人工骨頭置換術、橈骨遠位端骨折手術、人工膝関節置換術、骨髄炎手術、腫瘍切除術など

診療担当医のご紹介

整形外科部長 手外科部長 森本 祥隆

略歴
2000年 浜松医科大学医学部卒業
2001年 浜松医科大学整形外科 研修医
2002年 菊川市立総合病院 整形外科
2003年 富士宮市立病院 整形外科
2004年 浜松医科大学整形外科 医員
2005年 浜松医科大学大学院博士課程
2009年 磐田市立総合病院 整形外科
2015年 浜松南病院 整形外科
2018年 すずかけセントラル病院

 
所属学会および資格
  • 日本整形外科学会認定専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本手外科学会認定 手外科専門医
  • 義肢装具等適合判定医
  • 医学博士

副部長 松下 正矢

略歴
1999年 名古屋大学医学部卒業
2000年 土岐市立総合病院
2003年 新城市民病院
2006年 名古屋第一赤十字病院
2011年 浜松医療センター整形外科医長
2014年 すずかけセントラル病院
所属学会および資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本人工関節学会
  • 日本股関節学会

櫻井 水絵

非常勤医 影山 康徳

略歴
1986年 鳥取大学医学部卒業
同年 浜松医大整形外科入局
1992年 富士宮市立病院
同年 遠州総合病院
2000年 浜松医大(助手、講師)
2010年 米国Union Memorial Hospital 足の外科留学
同年 常葉学園浜松大学保健医療学部(教授)
所属学会および資格
  • 医学博士
  • 日本リウマチ学会専門医・指導医
  • 日本リウマチ財団登録医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
このページの先頭へ