痛み外来(ペインクリニック)

すずかけセントラル病院 > 診療科・部門紹介 > 診療科 > 麻酔科 > 痛み外来(ペインクリニック)
麻酔・周術期管理
痛み外来
(ペインクリニック)
診療担当医

 

痛み外来(ペインクリニック)

ペインクリニック科という耳慣れない科ですが、 ペイン(Pain)とは【痛み】のことですから、一言でいうと痛みの治療を専門的に行っている科ということになります。
 

いたみと交感神経

 痛みは、身体に異常が起きていることを知らせる警告ですから、まずその原因を確かめることが大切です。同時に痛みは体に有害な存在ですから、警告の役割が終わったら消えてもらわねばなりません。痛みが続くと、自律神経のバランスが崩れ、ストレスの原因である【交感神経の緊張】が強くなり、血液の循環障害が起こります。このため痛みを引き起こす新たな物質が産生され、痛みがさらに強くなります。放置すると、痛みのために【生活の質(Quality of life:QOL)】がどんどん低下します。ペインクリニック科では痛みをとることと並行して【交感神経の緊張】を抑える治療も行います。

行っている治療

  痛みをとるため鎮痛薬や漢方薬を使用しながら、神経ブロック注射(痛みの原因となる神経の近くへ麻酔薬を投与する)を行うのが一般的な治療です。リハビリテーションや理学療法を組み合わせて効果を高める場合もあります。痛みの特徴により、近赤外線治療器(スーパーライザー)やキセノン光を用いた光線療法、経皮的電気治療(針治療に似た効果)、イオントフォレーシス(イオン浸透療法:皮膚から痛い場所へ麻酔薬を浸み込ませる)などの治療も行います。脊椎の手術後痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどでなかなか治らない頑固な痛みには、硬膜外神経癒着剥離術(ラクツカテーテル法:後述)のような特殊な治療を行います。

頭痛の治療

 脳の病気や副鼻腔炎などが原因の頭痛(二次性頭痛)以外の一次性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)を治療します。一番多い片頭痛は脳の血管が膨らんでまわりの神経を刺激して起こる頭痛で、女性に多く、寝込んだりするほど重症な方もいます。【頭痛日記】をつけて頂き、血管の異常な膨らみが出そうな時期を予測しながら診療を行います。頭痛発作に有効とされる複数の内服薬で治療しますが、発作がない時に交感神経の緊張を和らげる【星状神経節ブロック】を行っておくと発作頻度と重症度を軽減できます。注射は子どもさんでもできるので痛くありませんが(写真1)、近赤外線治療器でも同様な効果を期待できます。
 
(写真1)

帯状疱疹、疱疹後神経痛の治療

 帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。そのウイルスが体に隠れていて、体の免疫力が低下したときに再発します。隠れていた神経から出て活動を再開し、皮膚に帯状の疱疹を作ります。顔から足までいろいろな場所にできます(写真2)。鎮痛薬の内服で痛みも徐々に無くなりますが、一部の人は神経痛が残ります。この神経痛は普通の治療が効かず、大変やっかいです。この病気は早いうちに痛みを止めてあげると神経痛が残らないといわれているので、写真の患者さんのように病気になった神経の近くで硬膜外という場所に細いカテーテルを入れて24時間痛みがないようにします。このようにできるだけ早く痛みを【完全にとってあげる】ことが大切です。
(写真2)全員硬膜外カテーテルが留置されている。
 

腰や下肢の痛み

 高齢者になると体を支えてきた腰の骨(腰椎)の負担が増加し、痛みを訴える方が増えます。脊髄の神経を保護してきた【さや】が狭くなっておこる脊柱管狭窄症、上下の背骨がずれておこる脊椎すべり症などが原因で腰や下肢の痛みが出てきます。また、脊椎の手術後に神経に炎症が起きたり、術後の血液がたまったりすると神経の癒着がおきます。このため、神経のスムーズな動きが妨げられ、血流が障害され、浮腫が発生するため、腰や下肢の痛みの原因となります。このような痛みに対して、米国のラクツ教授(Dr. Racz)が考案した特殊なカテーテルを神経の近くまで進めて癒着をはがす治療が注目され、外国では好成績が得られています。神経の癒着をはがしてあげると、神経の動き、血液の流れ、浮腫などが改善し、痛みも軽くなります。この治療ができる病院は日本では限られていますが、すずかけセントラル病院でも行っています。鎮痛薬や漢方薬を併用した神経ブロックでも治らない腰・下肢痛では【ラクツカテーテル法】を検討しています。
 

オーダーメイド診療

ペインクリニックでは患者さん一人ひとりの身体的状況やライフスタイルを考えて、QOLの維持と向上を目標に治療方法を選択していきます。前述した病気のほかに、バージャー病や膠原病または閉塞性動脈硬化症などによる末梢血流障害なども治療しています(写真3)。
 交感神経の緊張を軽くして血液循環を改善できる神経ブロックは突発性難聴、顔面神経痳痺、顔面痙攣、多汗症など、痛みを伴わない病気の治療にも効果があります。
 
(写真3)

痛み外来の治療室

痛み外来は病院の2階にあります。診察室のほか、神経ブロックなどの処置を受けて頂く治療室があります。治療室はそれぞれが個室に分かれており、プライバシーが保たれ処置後の安静時間をゆったりとお過ごし頂けます。
 
このページの先頭へ