教育・研修体制

質の高い医療サービスを実現するため
全職種、全職員がクリニカルラダー教育を推進。
教育方針
病院の理念・基本方針に基づき、質の高い医療サービスを提供するため、全職種、全職員の職務実践能力の向上を目指し、院内教育を行う。
チーム医療を円滑に行うため、全職種、全職員に対してクリニカルラダー教育を行う。
教育の目的
  1. 職務実践能力向上のために、院内教育を実施する
  2. 学習や研究を通して、自己啓発に努めるための機会をつくる
新人教育
1年間を通してOJTを中心に継続した教育を行っています。
プリセプターによる教育指導
薬剤師、臨床工学技士、検査技師、放射線技師、リハビリスタッフなどの協力により、各部署での教育指導も行っています。
PNS(パートナーシップナーシングシステム)による看護師2人がペアを組み、教育・指導を含めて看護業務を一緒に実践していきます。
教育内容
  • 法人の理念、組織について
  • 接遇研修
  • 医療安全対策
  • 感染防止対策
  • 個人情報保護法
  • 倫理
  • メンタルヘルスケア
  • 人材育成
  • 防災対策
  • 看護技術の演習
  • 医療機器の取り扱い・演習
    モニター、輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、酸素の取り扱い
    心電図12誘導の方法、機器のメンテナンス等について
  • 検体検査の取り扱い
  • 薬剤の基礎知識
  • 電子カルテ
  • 栄養について
  • オムツの当て方、スキンケア
  • 急変時の対応:BLS研修
etc
研修風景
4月 3施設合同新採用者研修
シリンジポンプの演習
モニターの使用方法
BLS研修
クリニカルラダー教育
平成26年度教育計画
※画像クリックで拡大します
ラダー研修風景
院内車椅子指導者研修会
コミュニケーションⅡ研修
メンバーシップ研修
リーダーシップⅠ研修
このページの先頭へ