脳ドック検査コース

脳ドックのご案内

当センターでは、高性能3.0TMRI装置の導入により、脳ドックを提供しております。

当院の脳ドックの特徴

  • 従来の3.0TMRIと比べてS/Nが向上し、高速撮影(約15分)と高い診断精度の両立が可能となりました。
  • 4種類のMRI撮影(横断像)で脳の病気を検索します。(T1強調像・T2強調像・FLAIR・T2*)
  • 血管像(MRA)は2か所の撮影を行い血管病変の検索をします。(脳内の主幹動脈・頸部の頸動脈及び椎骨動脈)
  • 頸動脈超音波検査では、簡便で視覚的に動脈硬化の評価ができます。それにより、全身の動脈硬化の程度を表す指標を評価することができます。また、脳血管疾患に対する評価にも用いられます。
  • 動脈硬化を起こすと血管壁が厚くなったり硬くなったりします。その様子が画像で簡単に確認できます。
日本人の死亡原因の第3位となっている脳卒中は、危険因子を把握しても脳の病変まで知ることはできません。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などは、生命を一瞬で奪ったり、言語障害や麻痺などの重い後遺症をもたらすことも少なくありません。脳卒中は発症後の治療では遅いため、『発症を防ぐための予防』が大切です。そこで、脳の病気を未然に発見するために『脳ドック』が重要なのです。

下記の項目に当てはまる方は特に有効です。

  • 血圧が高い方(135/85以上)
  • 中性脂肪・コレステロールが高い方(肥満傾向の方)
  • 血糖値の高い方、糖尿病にかかっている方
  • 身内に脳卒中になった人がいる方
  • ストレスの多い方
  • 睡眠不足や、生活が不規則な方
  • 喫煙している、もしくはしていた方
  • 物忘れが多い方

脳ドックの内容と料金

検査内容 頭部MRI・頭部MRA・頸部MRA・頸部超音波検査・血液検査・尿検査・各種計測(身⻑、体重、腹囲、視力)・問診・医師による診察
検査時間 ※1 約2時間
検査曜日  水 午後(予約制)
健診料金 35,640円(税込)
結果報告冊子 ※2 画像CD-R付診断結果フォトブック
※1 検査時間・予約時間は若干の変動があることをご承知おきください。
※2 結果報告冊子には、当院脳神経外科医の画像診断を含みます。2週間程度でお手元にお届けいたします。
※ 異常所見が発見された場合は、当院もしくは専門医での受診をお勧めいたします。
このページの先頭へ