よくいただくご質問

高齢者相談センター天竜 > よくいただくご質問
当センターに寄せられるご質問をまとめました。
どのような言葉で相談したらいいのかわかりません。
専門的な言葉や、難しい言葉でお話ししていただく必要は全くありません。
「天竜に住んでいる母親が、認知症ではないかと心配なのですが」
「物忘れがすごく多くなったようで、生活できるか心配しています」
「きれい好きだった母の家がすごくちらかっています。何かおかしいのではないかと心配しています」
といったように、暮らしぶりをお伝えいただければと思います。
どのような状況になったら相談して良いのですか?
あなたが不安を感じた時にはいつでもご相談ください。私たちは、あなたが不安に感じたことを大切にしたいと考えています。
「私の知っている○○さんは、とても明るい方だったのに、ずっとふさぎ込んだままで外にも出ないようで元気がないから、病気ではないかと心配だ」
「突然、親が年をとったようで、このまま一人で生活させるのは不安だ」
といったことでも結構です。
介護のことが何もわかりません。勉強してから相談した方がいいのでしょうか?
勉強していただくことは嬉しいですが、大切なことは「今すぐ!お電話でご相談」していただくことです。
私たち専門家が訪問させていただき、現状をみてご報告させていただきます。
介護のこと、専門的なことを勉強していくのは、その後でも良いと思います。一緒に考えていきましょう。
ひとり暮らしの父の体のことが心配です。しかし父はとても頑固です。私が相談したと知ったら「俺には必要ない」怒り出してしまいそうです。
大丈夫です。
親御さんには何かしら別の理由をつけて訪問するようにいたします。
大事なのは、現状をしっかりと把握することだと思いますので、ぜひご相談ください。
私の親について相談したいのですが、個人情報は守られるのでしょうか?
大丈夫です。
地域包括支援センターは、市町村の委託事業であり公共サービスです。ですから守秘義務もしっかりあるということです。
関わる人すべてが、守秘義務について高い意識を持っていますので安心してご相談ください。
介護をはじめ、医療、福祉、保健、権利擁護など、高齢者の方が抱えるさまざまなご心配に応じて、総合的な支援を行っています。ご質問やご心配なことがありましたら、お気軽にお問合せください。もちろん相談は無料、秘密は厳守いたします。
ご利用案内
このページの先頭へ