リハビリテーション科

天竜すずかけ病院 > 採用情報 > リハビリテーション科

リハビリテーション

笑顔と元気が溢れるリハビリ
地域の方々から求められるリハビリテーションを実践します。

部門の概要

開院から22年、退院支援・長期療養など個々の患者様に沿ったリハビリを展開してまいりました。平成27年10月には、北遠地区唯一の回復期リハビリテーション病棟を立ち上げました。住み慣れたご自宅での生活が再開できるよう、在宅生活を見据えたリハビリテーションを実施しています。
また、当院は静岡県西部圏域の地域リハビリ支援センターであるとともに、浜松市からの委託事業である運動器機能向上トレーニング教室を実施するなど地域に根ざした活動も積極的に行っています。
「その人らしさ」を大切に目標を設定し、計画・訓練をさせていただきます。

基本方針・理念

法人理念である「すずかけの木陰の優しさ」を信条として、患者様の生活の質を高めるために、最善を尽くします。当院では回復期から生活期までを対象とした、リハビリを提供しています。また、退院後に関わるスタッフとも連携をとり、安心して生活が送れるように取り組んでいます。
  • 多職種と連携して、患者様の生活を支えます。
  • 患者様、ご家族様のニーズに合わせたリハビリを提供します。
  • 住宅改修や福祉用具のレンタルが必要な場合は、訪問させていただき生活スタイルに合ったものを提案いたします。
  • 買い物や交通機関の利用等、地域の環境に合わせた生活場面でのリハビリを提供します。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅰ)
運動器リハビリテーション科(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション科(Ⅰ)
摂食機能療法

人員配置

理学療法士 19名 寝返り・起き上がり・座位・起立・歩行など、基本的な動作の獲得を中心にリハビリを行います。また、自宅や生活環境を想定した動作訓練や、環境調整の提案をさせていただきます。
作業療法士 10名 食事・更衣・整容・排泄・入浴等、日常的に行われる動作の訓練を中心にリハビリを行います。また、仕事・趣味・余暇活動・心のケア等、退院後の生活の質を高めることも考慮しながら、訓練を行います。
言語聴覚士 2名 コミュニケーション・高次脳機能・嚥下機能などに対し、それぞれの方の症状・能力に合わせた訓練やサポートの仕方について提案させていただきます。
歯科衛生士 2名 病棟での口腔ケア・月2回の往診での歯科診療アシスタント業務を行っています。
また、言語聴覚士と協働し、嚥下機能に対するアプローチを行っています

訪問看護リハビリ

訪問看護師と連携を図りながらリハビリを実施します。
看護師が体調(健康状態)を整え、療法士がリハビリを行うだけではなく、それぞれの職種間が互いにアプローチしあい、利用者の生活の活性化に向け協働しています。
病院や施設が遠方で通えない利用者、障害のため屋外に出られない利用者等が対象になります。
実際の生活空間ではリハビリの訓練用具はありませんが、自宅にある物で工夫してリハビリを行い生活機能の維持向上を目指しています。
利用者本人だけでなく、家族への助言や連携する多職種との相談・指導等も多く行います。
このページの先頭へ