看護部長あいさつ

天竜すずかけ病院 > 採用情報 > 看護部 > 看護部長あいさつ
看護部長 松井 和巳
住み慣れた地域・家族と暮らしたいという希望を叶えます。
当院看護部は 「私たちは、 質を担保した看護 ・介護とその人らしい療養生活の提供に最善を尽くします」 という理念のもと地域の方々のニーズに合わせた慢性期医療、看護・介護の提供をめざしています。
患者さまが住み慣れた地域で、最期までその人らしく人生を送っていくことができるよう、それぞれの思いに寄り添い、その希望を叶えることを支援します。
開院から私たちが大切にしていることは、認知症ケアに力を注いています。
身体拘束ゼロ作戦を推進しミトン手袋・4 点柵使用者は極少人数です。
患者さまの尊厳を守るため個別ケアの徹底・自立への援助を行っています。
自宅で生活しているのと変わらない身の回りのケアを提供しています。
口腔ケアを充実し口臭、 誤嚥性肺炎の予防に努めています。
病棟内の環境を整え安心で快適な生活が送れるように努めています。
育児や介護が必要な職員に多様な勤務形態の提案やメンタルヘルス支援を行っています。

当院は、病気を抱えた方を支え、癒し、生活することを支援する「治し支える医療」 を提供してきました。地域の方々が「ときどき入院、在宅」を実現するために、院内の他職種連携をはじめとして、隣接する訪問看護ステーション天竜、地域包括支援センター天竜、天竜すずかけケアプランセンターと共に地域包括システム構築に邁進します。
看護部長 松井 和巳
このページの先頭へ