診療技術部

それぞれの専門領域から
質の高いチーム医療を支えています。
患者様の状態や最適なケアの方法は、千差万別です。天竜すずかけ病院では栄養科、検査室、放射線科、薬局の専門スタッフがそれぞれの専門領域を磨き力を合わせることで、きめ細やかなケアを実現しています。

栄養科

患者様一人一人のニーズにあった食事を提供します。
高齢による咀嚼・嚥下機能の低下や、嚥下障害のある患者様に、少しでも長く口から食べられるような食事形態・栄養強化食品を考え、支援していくことが私たちの役目です。
これに基づき、多職種と連携を取り、各カンファレンス・回診同行・ミールラウンドに積極的に参加し、栄養ケアマネジメントに反映させ、個々に合ったお食事を提供しています。

年間行事食予定

  • 毎月、1日はお赤飯
  • 季節行事にあわせたメニュー
  • 毎週1回の特別メニュー(麺・丼・寿司など)

検査室

検査室では以下の検査をしております。
 
  • 腹部エコー・心臓エコー・頚動脈エコー
  • 心電図・ガス分析
  • 血液検査・尿検査
  • インフルエンザ迅速検査
  • 皮膚の顕微鏡検査
など
 
検査機器のメンテナンス・正確な使用と迅速かつ正確なデータ提供をしております。また、顧客満足度の向上 職務満足度の向上に努めています。

放射線科

放射線科では以下の検査を行ってます。
 
  • 一般撮影(胸部・腹部・骨、関節など)
  • CT撮影(頭部・胸腹部など)
  • 透視撮影(PEG交換・CVカテ挿入時の造影剤使用撮影、VF嚥下造影など)
  • 病室撮影
放射線科では、正確で迅速な検査、機器の日常管理、被曝の軽減に努めています。
また、患者さんは高齢者の方が多いので、移動の介助や衣服の着脱等、安全に行うように努め、挨拶やお声掛けの際には、丁寧な言葉遣いと思いやりの心を大切に心掛けています。
 

薬局

調剤業務

医師の処方に基づき、入院・外来患者様の薬を調剤しています。
調剤時に、投与量・用法、相互作用、併用禁忌の有無などを確認し、薬が適正に使用されるように努めています。
患者様には、間違いなく確実に服用できるように錠剤の1包化や包装紙への色付けなどの工夫もしています。薬の作用、副作用、注意事項などを記載した薬のしおりやお薬手帳のシールをお渡ししています。

持参薬業務

入院時に持参された薬を調べます。
持参された薬やお薬手帳、紹介状などをもとに持参薬の内容や日数、中止薬などを確認し、持込み薬剤情報書を作成します。医師・看護師と情報共有し、安全な医療に努めています。

病棟業務

医師・看護師などへの医薬品情報の提供、病棟における医薬品管理などを行っています。
お薬について疑問に感じることがございましたら、お気軽にお尋ねください。
このページの先頭へ