次世代育成支援対策への取り組み

すずかけグループ > 採用情報 > 次世代育成支援対策への取り組み

一般事業主行動計画の公表について

平成17年に「次世代育成支援対策推進法」が施工されました。
次世代育成支援対策推進法は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律です。

この法律に基づき、当法人も職員の仕事と子育ての両立を支援するために、次世代育成支援対策として「一般事業主行動計画」を策定しております。

医療法人弘遠会の取り組み

第3回行動計画の目標と達成に向けた取り組みをご紹介します。

第3回行動計画(平成30年4月1日~平成35年3月31日)

目標 対策
1.平成32年4月までに、所定外労働を削減するため、ノー残業デーを週2日以上設定する
  • 平成30年4月
    所定外労働過多の部署の原因の分析
  • 平成30年10月~
    所定外労働過多の部署の原因の分析を踏まえ改革推進
2.平成35年3月までに、年次有給休暇の取得日数を、一人あたり平均年間10日以上とする
  • 平成30年4月
    年次有給休暇の取得状況を把握する
  • 平成30年10月~
    各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する
このページの先頭へ