先輩ナースの声

先輩ナースの声
医療療養病棟 安田 亜希子
入職から1年間の回復期病棟勤務を経て、現在は療養病棟で学びを深めています。回復期では、リハビリや日常生活を通して、一歩ずつ目標に向かう患者さんやご家族を多職種で支える充実感を感じていました。療養病棟では長期療養の方も多く、「生活の場で必要な看護をどのように提供できるのか」という、回復期とは異なる視点を実感しています。患者さんの生き方そのものを学ぶ場面もあります。悩むことも多いですが、改めて自分自身の看護観を振り返ることができ、あたたかい先輩方に支えられて学びを深めることができています。
回復期リハビリテーション病棟 山本 友子
回復期病棟に勤めて2年が経ちます。以前勤めていた病棟とは患者層や病態も異なり、最初は戸惑うこともありましたが、優しく頼れるスタッフの方々に支えられ、働くことができています。回復期病棟に入院さfれている患者さんの多くは早く元の生活に戻りたいと思いながら日々のリハビリをがんばっています。しかし、入院によりストレスを感じていたり、リハビリへの焦りを感じていたりと、人それぞれ色々な感情の葛藤もあります。そんな患者さんの思いを大切にしながら「私たちに何ができるか」を考え、多職種と協力し支援をしています。
ナースの一日
日勤編
8:30 一日のスタート
情報収集
9:00 受け持ち患者さんに挨拶
環境整備
点滴・看護ケアの実施
入院対応
11:30 食前検査の実施
食事介助・与薬
12:30 ランチタイム
13:30 カンファレンス
14:30 看護ケア
患者指導
看護記録
16:30 夜勤者へ引継ぎ
17:00 終礼
17:30 日勤終了
夜勤編
16:30 情報収集
17:00 食事介助・与薬
18:00 介護ケア
19:00 夕食休憩
21:00 消灯
24:00 巡視
交代で仮眠
2:00 巡視
4:00 巡視
6:00 検温・看護ケア
7:00 食事介助・与薬
8:30 引継ぎ
9:00 夜勤終了
このページの先頭へ