先輩ナースの声

先輩ナースの声

回復期リハビリテーション病棟 山本 友子

以前勤めていた病棟とは患者層や病態も異なり、最初は戸惑うこともありましたが、優しく頼れるスタッフの方々に支えられ、働くことができています。回復期病棟に入院されている患者さんの多くは早く元の生活に戻りたいと思いながら日々のリハビリをがんばっています。しかし、入院によりストレスを感じていたり、リハビリへの焦りを感じていたりと、人それぞれ色々な感情の葛藤もあります。そんな患者さんの思いを大切にしながら「私たちに何ができるか」を考え、多職種と協力し支援をしています。

回復期リハビリテーション病棟 鈴木 鮎美

私は地域医療や在宅看護に興味があり、将来的に訪問看護や施設での看護を行っていきたいと考えています。そのため、リハビリテーション看護や退院支援について学びたいと考え当院に就職しました。回復期病棟では車椅子を使用していた患者さんが杖を使用して歩行するようになるなど患者さんの回復に日々驚きと喜びを感じています。ローテーション研修では院内の様々な部署で研修を行い、各部署の特徴を知り、院内全体を知ることができます。まだわからないことも多く、経験や知識も不十分ですが、日々研鑽してリハビリテーション看護を学んでいきたいです。

回復期リハビリテーション病棟 鈴木 亜由美

患者さんとじっくり関わり、障害や疾患を持っている方が回復する過程を支援していきたいと考え、この病院に入職しました。
回復期病棟に入院されている患者さんは、疾患や障害を抱えながら日々リハビリテーションに励んでいます。どうすれば患者さんがより良い環境で地域に戻れるのか考えていくことが、自分自身のやりがいにもつながっていくのだと実感しています。
知識・技術ともに未熟ですが、先輩方が親身になってアドバイスや指導をして下さるのでとても心強いです。患者さん一人一人に合った看護ができるよう、日々努力していきたいです。
ナースの一日
日勤編
8:30 一日のスタート
情報収集
9:00 受け持ち患者さんに挨拶
環境整備
点滴・看護ケアの実施
入院対応
11:30 食前検査の実施
食事介助・与薬
12:30 ランチタイム
13:30 カンファレンス
14:30 看護ケア
患者指導
看護記録
16:30 夜勤者へ引継ぎ
17:00 終礼
17:30 日勤終了
夜勤編
16:30 情報収集
17:00 食事介助・与薬
18:00 介護ケア
19:00 夕食休憩
21:00 消灯
24:00 巡視
交代で仮眠
2:00 巡視
4:00 巡視
6:00 検温・看護ケア
7:00 食事介助・与薬
8:30 引継ぎ
9:00 夜勤終了
資料請求はこちら
このページの先頭へ