看護部ブログ

すずかけフェスタ

2019.11.29 日々の出来事
久しぶりの更新となってしまいました。
11月16日(土)に「すずかけフェスタ」を開催しました。
地域に根ざした病院として、職員だけでなく地域の方々も参加していただきました。
当日はお天気もよく多くの方が来院してくださいました。
健康相談やINBODY、血管年齢測定など専門職による測定や、
“誤嚥性肺炎減らし隊”による口腔内クイズ、”転ばん隊”による転倒転落予防体操など、
当院ならではの専門職が対応するコーナーは人気でした。
南部包括支援センターの皆様も参加してくださいました。
地域の方の出店による手作りパン、落書きせんべい、バルーンアート、やきいもなども
品切れしてしまうほど盛況でした。
医師がつくるわたあめも人気でした!
城山中学校合唱部の皆様、ありがとうございました。
看護部では、手工芸体験を担当しました。
また、麻痺のある患者さんが“片手でもこんなことができます”と
ブローチ作りや体験談をお話いただきました。
 
そして、いま問題となっている小児の虐待防止に関してブースを設けました。
こうしたことを知っていただくことも病院の大事な使命だと考えます。
フェスタの締めは、そう“餅まき″です。
皆さん袋持参でプロ級の腕前です。
病院職員がそれぞれの専門性を生かして、
さらに、患者さんや地域の方々を含めて一丸となって絆を感じることができました。
これからも地域のつながりを大切にしていきたいと思います。
皆様ありがとうございました。

訪問看護ステーションすずかけの紹介

皆さん、こんにちは。
いつもすずかけブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「訪問看護ステーションすずかけ」について紹介します。
私たちは、病気や障害のある利用者さんに関わる多職種と連携をとりながら
看護やリハビリテーションを提供しています。

10月より新しい職員を迎え、看護師7名、療法士2名、事務員1名体制となりました。
パワーアップした私たちにご期待ください!

仲間を増やし隊結成!

皆様,こんにちは。

いつもすずかけブログをご覧いただきありがとうございます。

今年度作成するパンフレットの写真撮影会を行いました。

「新しい仲間増やし隊」ヘルスケアホスピタルの看護部が一丸となって
いいとこ自慢・楽しくそして熱い思いを込めて写真撮影を行いました。

素敵なモデル達…が未来の仲間達に向けて熱いメッセージを伝えていきます。

素敵なパンフレットが出来上がる予定です。

看護部パンフレット 

Coming soon!

2病棟の愉快な仲間たち

皆様,こんにちは。

いつもすずかけブログをご覧いただきありがとうございます。

いよいよ待ちに待った2階病棟の紹介の番となりました。 

当院の回復期リハビリテーション病棟として1番最初にオープンした病棟です。

私達の病棟が大事にしたいことそれは「やさしさ」です。

リハビリテーションを日々頑張る患者さんにとって
私達が表現する「やさしさ」=「良い事だけを言う」ことではありません。
困難なこともどうやって乗り越えたらよいのか
患者さん、ご家族そして病棟職員全体で一緒に考えることができるように
日々看護・介護を追求しています。

そして、私達は仕事だけではなく常にチャレンジしています。

体幹を鍛えたい、体力をつけて山登り、ロープを振ってみたい
(流行みたいだけどジムへは行きにくいし…)、一人じゃ続けられない、
誰か一緒に運動しようよ、とりあえず皆で何かしたい、こんな声から

筋トレ部発足しました。

高校生 1日ナース体験

2019.8.30 日々の出来事
先日、高校生9名が1日体験ナースに来ました。
高校生1日ナース体験は
・高校生が医療・看護に理解と関心を寄せてくれること
・医療色への進路を選択する高校生が一人でも増えること
を目的に看護協会の依頼で毎年行っています。
回復期リハビリテーション病棟と医療療養病棟で看護体験をしてもらいました。
また、院内の見学も行い、様々な医療色の役割や仕事内容について聞いてもらいました。
体験後の意見交換会では
「たくさんの人々が患者さんを支えていることがわかった。」
「看護師は一人ひとりの患者さんのことを思って関わっていると思った。」
「看護師になりたい気持ちが強くなった。」
など、様々な意見が出ました。
今回の体験を通して、医療職の仕事を選択し、
将来一緒に働くことができたらうれしいです。
おまけ
お昼休みには皆でかき氷を作って、美味しくいただきました。
資料請求はこちら
このページの先頭へ