看護部ブログ

1年の成長

すずかけヘルスケアホスピタルでは、教育委員会主催で振り返りフォローアップ研修を行っています。
看護部だけでなく、当院に今年入職した全職員を対象に1年の振り返りをする、お互いの成長を報告しています。
看護部だけでなく他の職種と合同で、この時を迎え、同期としての意識や、これからも積み上げていく専門性、
チームの成熟につながっていく大事なイベントです。
数日前ポートフォリオ成長報告書への賞賛コメントの依頼が来ました。
新卒の看護師を受け入れて早いもので1年。
緊張で力が入りながら先輩の後ろについていく姿をがんばれ!と見送った4月。
今では、一人の看護師として患者さんの前に立っている姿を見て、たくましく成長したなあと感じています。
本人達は
「まだまだ自信がない。うまくいかない。失敗してしまった。」と時には涙することもありました。
この頃は
「後1ヵ月後には後輩ができるのに全然何もできない…」
そんな言葉も聞きますが、
自分の成長のベスト3を上げ、これまで得たことをどう活かすかをまとめてこられたあなたたちならば、
先輩の背中を見せることができる!自信を持ってとエールを送ります。
作成者が初々しい新人の時には…(と考えるのは古いとは思いますが)
先輩や看護師長に、直接自分の考えを言えていたかと思うと、言えてなかったなと思い出します。
看護師長にはきっと言いにくいこともあるでしょう。
しかし、迷うときも苦しいときも、正直に自分の思いを言葉にできる看護師たちのメッセージを
私はきちんと受け止めていくからね。
さて、花粉症に泣いている方も多いかとおもいます。
春は、新たなスタートですね。
2病棟の「きんかん」も実りました。
新年度は園芸部を作りたい…実のなるものを作りたい。
「できる」喜びは、「実る」ことと同じように
リハビリテーションに関わるすべての人たちにとって喜びだと感じています。

平成からつながる すずかけ学会

2019.2.18 日々の出来事
2月16日土曜日に平成最後のすずかけ学会が開催されました。
すずかけ学会は、法人3施設合同で行われ、今回で14回目を迎える学会です。
今回は「クリエート浜松」で開催されました。
多職種が一同に会してお互いの意見や情報を交換する機械となる
共通の課題“やさしさ”とテーマとして施設を越えて交流できました。
緊張し、肩に力が入っている演者でしたが、
発表を通して日頃行っている実践を知ってもらうことで自信や誇りを感じ、
他施設の取り組みの良いところを吸収できる機会となりました。
発表後には、更に大きくなった姿を感じることができました。
無事発表も終わりグループ合同の交流会。
職種を越え、施設を越えてのコミュニケーションも楽しく
熱く語り合えた1日でした。
資料請求はこちら
このページの先頭へ