看護部ブログ

暑い日が続いていますね

外来看護師のMです。
7月初旬頃から激しい暑さが続き、体調管理も大変な季節ですね。
私たち看護師もこの時期は食欲も低下しがちですし、寝苦しさから(FIFAワールドカップ観戦もありましたが…)
睡眠不足の日々を過ごしています。
毎年この時期になると、だるさや食欲不振などを訴えて来院する患者さんが多くなります。
そのほとんどは「かくれ熱中症」や「熱中症」の症状です。
熱中症は屋内・屋外を問わず高温多湿が原因となっておこります。
本来は汗をかくことで身体から外気へ熱を放散し体温を下げようとしますが、
汗の蒸発も不十分となることで熱中症が発生しやすくなります。
無理をしないでクーラーを使用し室内の温度を調整することが大切です。
冷房を嫌い、暑さを我慢する人もいらっしゃいますが、クーラーを使用しない方は
熱を室内にこもらせないよう、窓を開けてこもった熱気を外に逃しましょう。
直接身体に風を当てたくない方は、
壁に向かって扇風機をまわすことで柔らかな風になるそうです。
熱中症は、自分で「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度だと思っている間に
症状が進んでしまうケースが良くみられます。
また、症状が進んでしまってからでは回復に時間がかかるため注意が必要です。
だるさを感じる、頭が痛い、気持ちが悪く食欲がないなどの症状が出たら、熱中症の初期症状を疑って
早めにかかりつけ医にご相談することをお勧めします。
このページの先頭へ