看護部ブログ

中学生職場体験

2017.10.18 日々の出来事
今月はじめ、5名の中学2年生が2日間の職場体験学習にやってきました。
どの学生さんの自己紹介用紙にも、丁寧な字で、患者さんの心を癒したい、たくさんの人と交流したい、という意気込みがかかれていました。

病棟では、シーツ交換、血圧測定、配膳や車椅子・ベッドの使用を体験していただきました。また、看護師、介護士、リハビリスタッフから、仕事への想いややりがいを聞いてもらいました。
患者さんと話をする場面では、車椅子に乗っている患者さんの目線に合わせて、優しく笑顔で会話をしていました。

2日目の午後には、5人で企画したリクリエーションを、通所リハビリに通う利用者さんに行っていただきました。
一生懸命な中学生の姿は、利用者さんにとても喜んでいただけたようです。

2日間の体験学習を終え、
〇リハビリを間近でやってみたいと思った。
〇患者さん一人ひとりに合わせた接し方を間近で見ることができてよかった。
〇人とコミュニケーションをとるのが難しかったが、職員から勇気をもらえた。
〇患者さんが明るく元気に生活していてよかった
〇患者さんに対する職員の気遣いを見て学ぶことができた。
〇患者さん、職員が笑っていてステキ!

という感想をいただきました。

2日間の体験の中で様々な思いを感じていただけたことをとてもうれしく思います。

これからの社会を担っていく学生さん。夢を持って勉強に運動に遊びにがんばってもらいたいなぁと思います。

私自身、学生さん達の明るさ、笑顔、初々しさに元気をいただいた2日間でした。

秋日和

2017.10.10 日々の出来事
中秋の名月が過ぎ、夜の月がくっきりとみえるように空気が澄んで、ますます過ごしやすい日となってきました。

日中の日差しはまだまだ強く照りつけることもありますが、窓を開ければ外の風が心地よく吹いてきます。

植物からも多くの季節を感じる場面がみられます。
道路には青栗が落ちていたり、川べりには彼岸マナが1そりと咲いていたりします。
田んぼは黄金色となり、稲刈りが終わった所でも、背丈の短い稲穂が実っているのを見ると
自然の強さも感じます。

当院はガラス窓が多く、院内からも季節感を眼で充分に感じることができます。
患者さんとのお話しするときも、季節の変わり目についての話が絶えません。
穏やかな気持ちになり、笑顔がいっそう多くもなります。
穏やかな日がいつまでも続けばいいなと感じています。
 

食欲の秋

2017.10.2 日々の出来事

こんにちは。

 

暑さが和らぎ、少しずつ秋らしくなってきましたね。

 

秋と言えば・・・

皆さんは何と答えますか?

私は真っ先に「食欲の秋!」と答えます。

当院の通所リハビリテーションの畑でもおいしそうなさつま芋が収穫されました。

 

涼しくなり過ごしやすくはなりますが、季節の変わり目は気温の変化などから体調を崩しやすい傾向にあります。

美味しいものをたくさん食べて、力をつけたいですね。

このページの先頭へ