看護部ブログ

通所リハビリテーションより寒中お見舞い申し上げます

2016.1.25

 冬だというのに妙に暖かだった年末年始から、急に極寒に。

でも、普段院内にいると、外の気温や天候がわかりにくかったりします。

そんな時、利用者様の服装で季節を実感することがあります。

着ていらっしゃるものの枚数が増え、厚みが増し、次いで手袋・マフラーなどの小物がだんだん追加されていきます。

室内は暖かいですし、運動もするので、こまめに脱ぎ着できる服装が理想的ではあるのですが、やっぱり寒いので皆さん厚着になりがちです。

かと思えば「暑く感じる方」もいらっしゃるので、皆さんが快適であるよう、室内の温度管理には特に配慮しています。

通所リハビリテーションの東側は大きなガラス窓で、外の景色がよく見えます。

天気の良い日は日差しが降り注いで暖かそうですが、ガラス一枚隔てた外は意外に風が強くて、おっと、飛ばされそう、と思う日も。

そんな冬を乗り越えて、また利用者様の服装で春の到来を感じる時が来るのでしょう。待ち遠しいな、春。

梅の開花

2016.1.15
皆さん 新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いしますm(_ _)m
そして今回もお読みいただきありがとうございます。
今回のタイトルは「梅の開花」です。
例年に比べ暖かい新年を迎え、早くも建物の南側の梅の木が開花しました。
遠州の空っ風にも負けじとたくましく、花開かせています。
当院の介護保険サービスである通所リハビリテーション(通称:デイケア)では、ご利用者に積極的に屋外での歩行練習を行って頂いています。そしてこの梅の木の開花を知らせてくれたのはある利用者様でした。
 
この方は昨年の春まで当院の回復期リハビリテーション病棟に入院されており、自宅での生活を送るまでに回復。しかし、退院後家に閉じこもりがちな方でした。昨年の夏よりデイケアを利用される様になり、利用当初は少し歩くだけでも疲れてしまい、思うように外出できないほどにまで体力が低下していましたが。デイケアを利用し歩くことを増やすことで現在では自宅から1キロ離れたスーパーまで買い物に行けるように\(^o^)/
梅の開花と共に春の訪れを感じさせるような一足早いホットなニュースをお話していただけました!


利用者様はたくさんのことを気づかせてくれます。(o^^o)
・言葉だけでは汲み取れない情緒面の変化
・家族や友人との出来事
・人生の経験則
・人を思いやる事や礼節
・住み慣れた街の歴史や慣習    などなど


これからもたくさんの出来事や気づきを利用者様と共有していきたいと思います!
・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


当院通所リハビリテーションではご自宅で出来ることを増やし、生活の幅を広げられる支援を目指しています。
新年もリハビリ頑張りましょ~p(^_^)q
 
このページの先頭へ