看護部ブログ

秋の空

2018.10.17
※ この原稿は10月第1週の磐田市の停電が終息した後に書かれた文書です。ご了承ください。
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
時々、利用者さんと屋外歩行訓練を行うことがあります。
そんなとき、ふと立ち止まります。
「気持ちいいね・・・きれいな空だね・・・」と、青く澄んだ青空を見上げることがあります。
そんな穏やかな秋空ですが・・・
すずかけヘルスケアホスピタルがある磐田市には、9月30日から10月1日にかけて
多風24号が通過しました。最大瞬間風速は、磐田市では観測史上1位となる38.8メートルを記録し、多くの被害が出ました。
そして我が家も・・・
この記録的暴風により、飛んできた屋根材でガラスが割れ、フェンスが飛ばされてしまいました。
その時の様子を少しお話させてもらいます。
10月1日に日付が変わり、早く台風が通過してくれないかなと思いながら
ニュースをみていたその時でした。
ガッシャーン!!!! バリバリバリー ガタガタガタ!!!!
家が揺れ、今までに聞いたことのない、何かが割れる音と、
トタンのようなものが舞っているような金属音!
いったい何が起こったの?! 怖い!! でも何が起きたのか気になる!! 大丈夫かな・・
ものすごく、ものすごく気になったのですが・・・
私たち家族は窓を開けずに台風が過ぎるのを待ちました。
そして翌朝、庭に出てみるとペアガラスの外側が割れ、坪庭の壁に飛んできた屋根材が刺さり、
自宅のフェンスが10メートルぐらい飛ばされていました。
そのとき、思ったことは・・・
気になったけれど家の外に出てみなくて本当に良かった。
もしあの時外に出ていたら、坪庭の壁に突き刺さった屋根材が自分に刺さっていたかもしれないと・・・。
ニュースでは、次の台風が発生したと報告されています。
風にあおられ転倒したり、飛んできたものがあたって怪我をしたりするかもしれません。
どんなに気になっても、台風がすぎるまでは、くれぐれも外には出ないようにしてくださいね。

入職から1年

すずかけヘルスケアホスピタルに入職してもうすぐ一年が経とうとしています。
日々覚えることがたくさんあり、あっという間に1年が過ぎてしまったように感じています。
入職当初は急性期病院とは異なることも多く、初めて関わる回復期看護という分野に不安もありました。
しかし、スタッフの皆さんはとても丁寧に指導や助言をしてくださり、大変なことや戸惑うことはありますが
毎日楽しく仕事ができています。
 そして、8月からは今年度入職した新人看護師も、他部署でのローテーション研修を終えて、病棟に仲間入りしました。
私自身もまだまだ学ぶことがたくさんありますが、新しい仲間と共に、初心を忘れることなく日々成長していけるよう努力していきたいと思います。
 初めての分野で働くことは不安や戸惑いもあるとは思います。しかし、私はすずかけヘルスケアホスピタルで、スタッフ同士で助け合い、お互いに声を掛け合って楽しく働くことができています。
回復期看護に興味を持ってくださる方が少しでも増え、一緒に看護できる仲間が増えたらうれしいです。

認知症カフェ

外来看護師のMです。(外来看護師はほぼイニシャルMです・・)
毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
こんな暑い日、幼いときの祖父との思い出が頭をよぎります。
久しぶりに帰省したある夏の日、祖父が
「こんなに寒い日にそんな格好をして風邪を引いたらどうするんだ」と私に布団をかけてくれたのです。
そんな祖父に祖母は困り顔。そうです。祖父は認知症だったのです。
現代の日本は長寿国であり、認知症患者は増加の一途を辿っています。
私の祖父もそうであったように家族に認知症と診断された本人はもちろん、家族の葛藤も多くあります。
「あんな人でなかった」と思い、受け入れるのに時間がかかるのも当然のことです。
そんな認知症の方やご家族、認知症予防に興味がある方々が自由にお話をする場が当院にはあります。
認知症カフェ「すずカフェ」です。
 
「すずカフェ」は開催日により内容は異なりますが、医師や看護師、相談員やリハビリステーションスタッフ等
専門職が参加し、日頃の悩みや相談はもちろん、参加者同士の触れ合いやご家族同士の交流ができます。
参加した外来患者さんのご家族が
「診察というと勇気がいるけどカフェだと気軽に来れる」と話していました。
診察だと勇気がいるな、そう思っている方がいらっしゃいましたら是非ご参加ください。
※開催日時:当院ホームページで告知いたします。

暑い日が続いていますね

外来看護師のMです。
7月初旬頃から激しい暑さが続き、体調管理も大変な季節ですね。
私たち看護師もこの時期は食欲も低下しがちですし、寝苦しさから(FIFAワールドカップ観戦もありましたが…)
睡眠不足の日々を過ごしています。
毎年この時期になると、だるさや食欲不振などを訴えて来院する患者さんが多くなります。
そのほとんどは「かくれ熱中症」や「熱中症」の症状です。
熱中症は屋内・屋外を問わず高温多湿が原因となっておこります。
本来は汗をかくことで身体から外気へ熱を放散し体温を下げようとしますが、
汗の蒸発も不十分となることで熱中症が発生しやすくなります。
無理をしないでクーラーを使用し室内の温度を調整することが大切です。
冷房を嫌い、暑さを我慢する人もいらっしゃいますが、クーラーを使用しない方は
熱を室内にこもらせないよう、窓を開けてこもった熱気を外に逃しましょう。
直接身体に風を当てたくない方は、
壁に向かって扇風機をまわすことで柔らかな風になるそうです。
熱中症は、自分で「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度だと思っている間に
症状が進んでしまうケースが良くみられます。
また、症状が進んでしまってからでは回復に時間がかかるため注意が必要です。
だるさを感じる、頭が痛い、気持ちが悪く食欲がないなどの症状が出たら、熱中症の初期症状を疑って
早めにかかりつけ医にご相談することをお勧めします。

季節感あふれる作品作り Part.2

前回のブログで作業風景を撮影し、載せていた写真のちぎり絵が完成しました!
のり付けしたり、貼り付けたりと職員と患者さんとで、楽しそうに会話しながら作成しました。
 
ちぎり絵を見ていると、花火大会に行ったような気分になりますね。
ブログを書いている本人は行きたくなりました!
そして朝顔だけでなく、新たにリハビリスペースにひまわりが飾られました。
ひまわりの前にはリハビリ用の椅子が設置されていて、患者さんが座っているのをみると
なんだかほっこりします。
そして現在作成しているのは魚。
ゲームに付かす魚を作っているようです。
魚のうろこをハサミで上手に切っています。
できあがるのが楽しみです。
このブログが掲載される頃には完成しているかもしれません。
3階病棟へお越しの際は、是非リハビリスペースへ寄って作品を見てくださいね!
このページの先頭へ