診療技術部

専門性を高めて
よりよい医療の提供に貢献する。
診療技術部では、薬局部門・放射線部門・検査部門・栄養部門の各職員が専門性を発揮して、医療・看護サービスの向上に努めています。

薬局

医療チームの一員として、
安全で効果的な薬物療法を支えます。

部門概要

当院の薬局では、薬にまつわるさまざまな業務を通じて、安全で効果的な薬物療法をサポートしています

主な業務内容

調剤

主に入院患者様のお薬の調剤をしています。用法・用量が適正であるか、薬の飲み合わせに問題はないかなど、処方せんの内容を確認し調剤をします。

注射の払出

注射処方せんをもとに、薬の配合上の問題、安定性、投与方法などを確認し、患者様ごとに注射薬のセットをします。

病棟業務

当院では各病棟に担当の薬剤師を配置し、入院患者様に対する薬の説明、医師や看護師などの医療スタッフに対する薬の情報提供、副作用の早期発見、薬の相互作用・配合変化の回避などを行っています。
入院時には、お持ちいただいた持参薬の内容を確認させていただいています。持参薬の情報を早く的確に把握し、入院後の治療をより適切に行うためです。薬のほか、服用されているサプリメントや健康食品などがありましたらご持参ください。薬の説明書やお薬手帳も大切な情報源ですので一緒にお持ちください。

DI(医薬品情報の管理)

お薬の専門家として、日々更新・追加される医薬品情報の重要性および緊急性を評価・判断し、院内の医療スタッフへの情報提供を行っています。また病棟薬剤師が収集してきた院内の情報を分析・評価し、一括管理をしています。
お薬についてわからないことがございましたら、薬剤師へ気軽にお尋ねください。

放射線科

検査機器の充実により、
幅広い検査・評価を行っています。

部門概要

当院放射線科は、頭部・胸部・腹部・骨・関節など全身のX線撮影、CT・MRIによるコンピューター断層撮影検査、超音波エコー検査、骨密度測定装置による骨粗鬆症検査などを行っています。
また、嚥下(飲み込み)機能を評価する嚥下造影検査(VF検査)、MRIによる脳ドック検査も実施しています。
次の3点を念頭に、最適な画像の提供に心がけています。
  • 医療機器の安全かつ的確な使用
  • X線被曝の低減
  • 医療事故の防止

検査機器等

  • MRI装置(1.5T)
  • CT撮影装置(16列MDCT)
  • 一般撮影装置
  • X線TV装置
  • ポータブル撮影装置
  • CR処理装置
  • 超音波検査装置(2台)
  • 外科用イメージ装置
  • 骨密度測定装置

検査科

病気や身体の状態を調べ、
適切な診断や治療を助けます。

部門概要

検査科では、病気の診断や治療、身体の状態を把握するために血液や尿など検体の分析や、心電図波形や超音波画像から身体の情報を得る検査を行っています。臨床検査技師として向上心を持ち、謙虚で丁寧な業務ができるように心掛けています。

主な業務内容

当院では、下記の検査を実施しています。
 
検体部門 血液検査、尿検査
生理部門 心電図検査、超音波(エコー)検査、呼吸機能検査、神経伝導速度検査

栄養科

治療の一環としての栄養指導から、
退院後のお食事・調理方法までご相談ください。

部門概要

外来では糖尿病・高血圧・脂質異常症などの患者さんに栄養指導を行っています。ライフスタイルに合った改善方法を患者さんと一緒に考え、改善の経過をサポートできるように継続的に関わることを基本としています。
入院中の患者さんに対しては、チーム医療のスタッフの一員としてお一人お一人の栄養状態・身体状況等を把握し、状態に合った食事を提供できるように関わっています。退院後を見据えた栄養指導・食事相談を患者さんやご家族に行い、食事内容・調理方法などの提案を行っています。
このページの先頭へ